日常点検12項目

日常点検は、運転時間や運転時の状態などから判断して実施するもので、コンプレッサー管理者が比較的容易に行うことができる点検内容なので、確実に実施しましょう。

目安としては毎日、1カ月に一度、始業時前などに行うのが一般的ですが、日頃のちょっとした機会に注意深くコンプレッサーを観察することで、不具合箇所を早期に発見することができるでしょう。

毎日および毎月の点検(スクリューコンプレッサー)

整備部品点検項目作業内容毎日毎月備考
油面計油面計確認運転中に油面が朱線間にあること
吐出温度吐出温度確認65℃~100℃であること
周囲温度周囲温度確認運転時に45℃以下であること
オイル漏れオイル漏れ確認 パッケージ内オイル漏れの有無
エアー漏れ エアー漏れ確認 パッケージ内のエアー漏れの有無
冷媒圧力
※ドライヤー搭載機
圧力確認針がグリーン帯を示していること
異音各部異音確認圧縮機本体やモーターからの異音に注意
パッケージフィルター清掃 目詰まりをしていたら清掃
オイルクーラー・アフタークーラー・コンデンサー清掃コンデンサーはドライヤー搭載機種のみ
逃し弁作動確認 手動で作動確認
潤滑油補給減っていたら補給
ドレン排出点検・清掃ドレン排出状況の確認

ラジエーターの役割。管理のポイントと清掃時期の目安について

1年毎点検5項目

1年毎点検は、運転時間や運転時の状態などから判断して実施するものです。コンプレッサー管理者が比較的容易に作業ができる内容もありますが、旧式のスクリューコンプレッサーのオイルセパレーター交換などは技術を必要とします。少しでも不安に感じる場合は、プロにご相談ください。

1年毎の点検(スクリューコンプレッサー)

整備部品点検項目作業内容点検区分備考
メカニカルシール油漏れ点検軸封部または周囲フランジ結合部からの油漏れ
吸込みフィルタエレメント交換粉塵や埃の多い環境は1年以内でも交換
オイルフィルタエレメント交換
オイルセパレータエレメント交換交換に際しては運転時間から判断
オイル交換 銘柄や運転時間から判断

著者:有限会社大西エアーサービス 大西健

大西健

コンプレッサ修理屋/大西エアーサービス

プロフィール

はじめまして、コンプレッサ修理屋のウェブサイトを担当しています。大西エアーサービスの大西健と申します。
まだまだ見え辛いホームページですが、お客様のお声に耳を傾けながら、1つ1つ改善して取り組んでいきたいと考えています。“迅速”かつ“丁寧”がモットーです。
コンプレッサ修理屋「大西健」の挨拶文はこちら→https://www.onishi-air.jp/office/

Profile Picture

Follow me!